近視のなぜ?

子供の視力低下の原因は?

たまに、幼稚園の子がメガネをかけているのを見ることがあります。あんなに小さな子がなぜ?と、可哀そうになりますが、今はそういう子が増えているそうです。

小学校1年生のお子さんが急に景色が良く見えないと言って、驚いて眼科へ駆け込んだお母さんがいます。視力測定の結果とっても視力が落ちていたことがわかったのですが、4月の学校の視力検査のときは何も問題がなかっただけに、お母さんのショックは大きなものがありました。

前の方の先生のすること見て真似することが苦手なのも、視力がおちたせいだったようです。他にもいろいろあったことを子供の集中力がないせいだと思って、子供を怒ってしまっていた後悔に、夜布団の中で泣き明かしたそうです。

子どもというのは視力の低下も速度が速くて、このお子さんのように、4月の検査で異常がなくても、半年そこそこで急に低下するケースは良くあることなのだそうです。特別な原因がある場合もありますが、多くは特別なことがなくても急速な視力低下の場合がほとんだそうです。

同じ悩みを持つお母さんたちに相談したのですが、結果は「目の病気と、病気とは言えない近視などとは、別に考えた方が良いこと。失明につながるような病気でなければ、視力が悪くても矯正して見えればそれで良しとすること。」という結論に達したそうです。

現在の医学でもどうしようもないので、近視から目が見えなくなるということはない、というように考えているそうです。

仮性近視を言われて、仮性近視の治療に入るお子さんもいるようですが、多くは、メガネやコンタクトの使用になっているそうです。