近視のなぜ?

近視は老眼になりにくい?

近視は老眼になりにくいとも、老眼になると近視が治るとも言われています。よく言われることですが、近眼だから老眼にならないということはありません。ただ、近視の人の場合は、老眼に気づくのが遅いということがあります。

老眼は、老化により毛様体という筋肉の筋力が落ちて、水晶体が伸縮する力が弱まった結果おこります。ですから老眼は誰にでも起こりうる症状ですが、メガネをかけたり、あるいはコンタクトを入れている近眼の人は、その眼鏡やコンタクトをはずした状態の場合は、遠くのものはぼんやり見えますが、近くのものはよく見えます。そのため、老眼の症状が出始めていることに気づきにくいだけなのです。

そして、近眼の人も老眼の症状が進むと、次第に近くのものもほんやり見えてくるようになり、老眼の症状を自覚するようになります。そうした場合は遠近両用のメガネが必要になります。

昔の遠近両用のメガネというのは、近視のレンズの部分と、老眼のレンズの部分の境目がはっきりくっきりわかったものですが、今は境目が肉眼では見えなくなっています。

それ以前の遠近両用のメガネというのは、近視のメガネの上に老眼のメガネが付いていて、遠くを見るときは、外側についている老眼のレンズをクルッと持ち上げて見ていました。小学校の時の担任の先生がそのメガネをかけていたので覚えています。

コンタクトレンズにしても以前は遠近両用というのはなかったのですが、今は販売されて便利になっています。

ちなみに、遠視の人は早く老眼になりやすいと言われていますが、それは事実です。