近視のなぜ?

近視とは?  

近視の多くは、小学校や中学校のころに多く始まります。「そのために学校近視」とも呼ばれています。近視は、ものがぼんやりと見えてしまう屈折異常なのですが、遠くをみたとき、網膜より手前に光りの焦点が結ばれてしまいピントが合わなくなって起こる現象です。

ものが良く見えない現象には、近視、遠視、乱視がありますが、その違いは【近視:普通の人より近くしか見ることができない】【遠視:普通の人より遠くしか見ることができない】【乱視:普通の人と比べて、物が歪んだように見える】などのように違ってきます。

近視の症状と弊害は、近くははっきり見えても、遠くを見ると、ものがぼやけて見えるなどをします。そして、メガネやコンタクトレンズで矯正しない場合は、目を細めて見るようになり、歩行中、つまづきやすくなるとか、肩こりなどの症状を起こす人もいます。また、根気がなく飽きやすいなどの症状が出るなどをしますが、単なる怠けとして判断されてしまう場合もあります。

このように、近視はものが見えにくいばかりでなく、そのことから体全体の健康に影響を与えかねません。

近視が病気かそうでないかとはよく言われることですが、屈折性近視は光の屈折の問題であって、網膜や視神経の疾患ではないので病気ではないとする考え方があります。

その一方で、軸性近視が進むことで網膜が薄くなり、網膜剥離や近視性網脈絡膜萎縮が起こりやすくなるなどの症状が起こったり、新生血管ができやすくなって黄班部の眼底出血の原因にもなるので、病気とする説もあります。

しかし、近視が進んで失明すると言ったこともありませんし、近視は症状であって、一般的には病気とは捉えられていません。