コンタクト

コンタクトの種類

コンタクトを初めて使用するときは、まずは医師に相談しましょう。コンタクトレンズの種類には、「ソフトコンタクトレンズ」と「ハードコンタクトレンズ」の2種類がありますが、眼科医の診断と処方を受け、正しく目に合ったレンズを使用することで本来の性能を発揮でき快適に生活することができます。

コンタクトのレンズには、大きく分けてハードコンタクトレンズと、ソフトコンタクトレンズがあります。

ハードコンタクトレンズとは、プラスチック製の固いレンズで、その名の通り、水分を含みません。ハードコンタクトレンズは、酸素を通す工夫をほどこした酸素透過性ハードコンタクトレンズと呼ばれ、現在使用されている多くのハードコンタクトレンズがこの、酸素透過性ハードコンタクトレンズです。網目状の構造で隙間を通り酸素が瞳に供給されるしくみです。最も酸素を補給できるタイプのコンタクトレンズで、長時間の装用にも耐えられるコンタクトレンズになっています。また、乱視の矯正にも使われているのがこのタイプです。

ハードコンタクトレンズに対して、ソフトコンタクトレンズは、水分を含むと柔らかくなるプラスチックを使用しています。そのため、水とよくなじみ、コンタクトレンズに含まれる水分から酸素を瞳に供給します。水をたくさん含んでいるので、つけ心地が良いのが特徴です。ハードコンタクトレンズは、レンズがずれにくくはずれにくいため、スポーツ時にもお勧めです。使い捨てレンズはすべて、ソフトコンタクトレンズを使用しています。

その他コンタクトレンズの種類には、使うたびに捨てる「【使い捨てソフトコンタクトレンズ】や1日使用して、はずした後は使用せずに捨てる【1日交換型】最長1週間まで使用できる【1週間交換型】や【2週間交換型】などがあります。1週間交換型も、2週間交換型も途中ではずした後再び使用するのは不衛生ということもあり、危険ですので止めてください。

今のコンタクトレンズは遠近両用タイプも出来ていますから、目に合わせて作ることが出来ます。