コンタクト

メリット

コンタクトのメリットは女性なら、顔の印象が変らず、素顔のままの自分でいられる のが嬉しいですよね。若い女性の近視の人の多くはコンタクトが主流です。

美容目的だけでなく、コンタクトレンズを使いはじめると、物や風景が良く見えるようになるだけでなく、日常生活の様々な場面で便利で、コンタクトのメリットを感じさせられることが多くあります。

コンタクトレンズの様々あるメリットをざっとまとめると、「1、強い度数の近視のばあいでも、視野が広いので、物がゆがんで見えるとか、物が小さく見えたりすることがほとんどありません。」「2、両目の度数に大きな差がある場合でも、左右の目をそれぞれ矯正できます。」「3、雨や湯気でレンズがくもることがありません。」「4、ソフトコンタクトレンズは、激しい運動をしても外れにくい長所があります。」「5、顔のイメージが変わりません。」などがあり、1度コンタクトを使った人はその便利さのため、ずっとコンタクトを使い続ける人が多いようです。

コンタクトレンズは、外からの衝撃で割れて怪我をする心配もないため、危険な場面に遭遇しがちなレスキュー隊の人とか、消防士の人や、警察官の人も使っています。犯人を捕まえるときにメガネが割れたり、どこかに飛んでしまったら大変ですものね。

私はコンタクトをまだ使ったことがないのですが、コンタクトの方が便利と勧められてはいるのですが、角膜に傷が付いたら困るという不安から、まだ変えられずにいます。初期のころはたしかに角膜に傷がついたという事故もあったのです。しかし、コンタクトの技術開発も進み、安全性も上がっているようです。

雨や湯気にも、メガネのようにくもらないというのがいいですね。長野県のように寒い地方に住んでいると、寒い表から暖かい室内に入って一瞬にネガネがくもって、まるで見えなくなる時があります。