レーシック

メリット

レーシックは、朝起きた時メガネを探さなくてもいい喜びに感激したという人もいます。また、メガネなしで生活できることをつくづくありがたく思ったという人もいます。レーシックをして、コンタクトやメガネから解放された喜びは、目のいい人にはわかってもらえない大きなものがあるようです。

コンタクトのように衛生に気を付けて暮らさなくてもすみます。そして、長い目で見ればコンタクトよりも経済的です。たしかにレーシックの費用は平均にしておよそ15万ほどかかります。それがコンタクトレンズを買う場合、例えば1日使い捨ての1dayタイプを使ったとすると、1ヶ月分およそ1500円~3000円ほどかかりますが、中間を取って2000円かかるとします。そうすると1年に24000円かかり、そこに眼科での検診費用が必要ですから、そこに検診費用を入れると、年間では48000円かかる計算になります。この計算でいくと、3年と3ヶ月でレーシックの手術をした費用を上回ります。ですから、一見レーシックの方が高そうですが、長い目で見ればレーシックの方が費用がかかりません。

視力がなかったりメガネでは、職業によっては就けない職種というのがあります。「客室乗務員」「船舶操縦士」「競艇選手」「自衛隊」「警察官」「パイロット」などがそうです。しかし、レーシックで裸眼での視力を向上させることで、その職業に必要な視力が得られれば、近視のために諦めていた職業に就くこともできます。なりたい職業に、目が悪いばかりに就けないとしたら切ないですよね。それを思うと、レーシックは人生を変えてしまうほどの効果があるといえます。

夜間の災害時や緊急時も安心ですし、スポーツなどもネガネを気にせずに楽しむことが出来ますから、レーシックのメリットは、想像以上のものがあります。