近視の予防&改善法

近視アスレチック教室

楽しんで視力回復トレーニングとして、近視アスレチック教室があります。近視アスレチック教室は、遊びのようなトレーニングを通して、子供の目の運動神経を育てていく方法です。目には様々な機能が備わっており、目それぞれの機能によって使われる器官は子供の頃に発達・成長すると言われています。

昔のように、遊びの中で遠くを見たり、近くを見たりと、自然に基本的機能が育てられることがなくなっています。現代の子供たちは、塾やゲーム、テレビ、パソコン、携帯電話といったものに囲まれて、近くを見つめる機会しかありません。遠くを見たり、動きを追ったりする機会がない現代の子供たちの目は運動神経がとても衰えています。

その結果、近視の子供の増加を招いています。体を使わないと、体が衰えるように、目の筋肉も使わないと衰えます。その結果が視力の低下を招きます。

近視は、手遅れになる前に適切な処置をしていれば、視力を回復は可能とされています。目の運動神経を鍛え、視力の回復を図るのが「近視アスレチック」です。遊びのようなトレーニングを通して、目の運動神経を育てていく方法で、バラエティに富んだエクササイズで、楽しんで行えるように工夫されています。

近視アスレチックは全国各地にあり、無料目育講習会を開催しています。費用は、入会金5,000円、2回体験コース3,600円~30回で75,000円、その他、コース内容によって違いますが月会費8,000円~24000円となっています。