近視の予防&改善法

眼科での視力回復トレーニング 

視力の回復は、トレーニングでは回復できないとされ、通常、眼科へ行くとメガネの使用を進められるか、コンタクトの使用を勧められるなどをします。あるいはレーシックを勧められます。

ところが、視力はトレーニングで回復できる可能性があるとして、まずはトレーニングから始める眼科医が、数はすくないのですが日本全国に存在していて、ネットでその病院が紹介されています。

また、視力回復トレーニングと合わせて、ルテインのサプリメントを摂ることを勧めている眼科医もあります。ルテインとは、ほうれんそうなどに多く含まれていますが、体内に吸収されるとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。ルテインを毎日多くとることで、眼病を予防できるといわれています。

視力回復トレーニングを行っている眼科では、視力の低下ということに柔軟な考えをもっているために、すぐにメガネを勧めたりしません。視力回復の眼科といわれる眼科では主に「通電療法」を行なっています。通電療法という視力回復治療を行なっている施設は、全国ではまだ数えるほどしかないのが実情です。

通電療法での治療法は、目に電気を流す眼科の治療法です。軽度の近視の場合は、目のなかにある毛様体筋という筋肉がこり固まって起こる症状です。その筋肉が固まっている網様体に電気をとおすことで、毛様体筋のコリがほぐし、網膜の血行を良くするというものです。

毛様体筋が固まった一時的な現象を、ピントフリーズ現象といい、すぐに治るもので、

これが仮性近視のメカニズムです。しかし、この状態を放置して慢性化してしまうと毛様体筋のコリが定着し、ほんとうの近視になります。

通電療法は、仮性近視の段階の眼はもちろん、長年の近視の人でも良い結果が出ています。近視の治療という名目で行なっている眼科はまだ少ないですが、「眼精疲労外来」という名目で同様の電気治療を行なっている眼科はかなりあります。

疲れ目の解消と視力回復が一度に期待できますので「視力回復の眼科」に一度行ってみることをお勧めします。