メガネ

パソコン専用メガネ

パソコンがなければいられない時代になって、嫌でもパソコンを使わざるを得ない人も増えています。目の不安を抱えながら毎日に仕事でパソコンに向かっている人もいるでしょう。そんな人のために考えられたのが、パソコン専用メガネです。

パソコンを用いた作業から起こる眼の疲れや痛みなどのほか、首や肩のこりなどの体の症状からさらに進んで、苛立ち、焦燥感、不眠症などの精神神経症状などを引き起こす「VDT症候群(パソコン病)」や「テクノストレス」が問題になっていました。

パソコンから発する、可視光線、すなわち目に見えて、色として感じることができる光は、色によって波長が異なり、特にエネルギーが強い「青い光」は、まぶしさやチラつきの原因となります。その青い光がパソコンからは青い光が多く発せられて目の負担になっています。なかでも最近主流のLEDの画面はさらに青い光を発しています。

目に与える影響が大きい青い光から目を守るための研究、開発がすすめられてきましたが、特殊なカラーによって青い光をカットするレンズがメーカー各社から発売されるようになりました。このメガネをかけることによって、目への負担が著しく軽減されるようになっています。

ブルーライトから目を守るこのパソコン専用メガネは度付のメガネも作れます。多くのメガネ店でも「パソコンメガネ」の眼鏡処方に基づいて、近用チャートを用いて正確な測定をしてパソコン用メガネ作っていますが、普段自分が使っているパソコンの目からの距離や角度を正確に測っていくことをメーカーでは勧めています。

店頭にもパソコンが置いてありますから、距離や角度を店員さんとよく相談してください。それによって、より自分の目に合ったメガネを作ることが出来ます。

メガネの度数は測定が大事です。信用のあるメガネ屋さんを選んでください。